~ホッと一息つく時間に最新の話題をチェックしよう~

BreaktimeNews!

芸能人起業家

ヒロミは経営者!?芸能界を干された理由や今現在の彼の活動や年収などをご紹介します!

更新日:

お元気ですか?管理人のakiraです。

人は様々な才能を持って生まれてきています。

今回は、タレントとして活躍されてきた【ヒロミ】さんが実業家という別の才能を遺憾なく発揮し、現在も活躍し続けている秘密に関して紐解いていこうと思います。

それでは、早速みていく事にしましょう。

スポンサードリンク

 

ヒロミは経営者!?タレントとして活躍していた彼の実業家としての顔とは!?

出典https://newneta.work/2019/02/02/hiromi-nennsyuu/

【ヒロミ】

・本名:小園浩乙(こぞの ひろみ)

・生まれ:1965年2月13日(54歳)

・出身地:東京都

・肩書:タレント、司会者、実業家

あなたは【ヒロミ】さんに関して、どのようなイメージをお持ちですか。

彼はタレントとして多くのTV番組に出演しています。

レギュラー・準ギュラーでの出演は勿論のこと、数々の番組でMCも務めています。例えば「笑っていいとも!」「有吉ゼミ」「ワイドナショー」「火曜サプライズ」「オールスター感謝祭」「ものまねバトル(MC)」「R-1ぐらんぷり(審査員)」など挙げ出したらキリがありません。

更に、ラジオ番組やドラマ、映画、CMなどにも出演しており、彼の活躍は多岐に渡ります。

 

実業家としてのヒロミの顔に迫る!

元々、彼は自身が所属している事務所『株式会社ビィーカンパニー』の代表取締役社長を務めていました。

現在、彼は『Body Conscious 51,5 HIROMI BODY ART』を設立。『Body Conscious 51,5 HIROMI BODY ART』は加圧トレーニングジムで、一人ひとりに合わせたボディーメイキングを実施。美容や食事に関してのアドバイスも行っているジムです。

ちなみに、ヒロミさん自身が始めたトライアスロンの「スイム1.5km、バイク40km、ラン10km」の合計距離51.5kmがジムの名前の由来となっているそうです。

 

実業家として成功してきたヒロミの考え方とは!?

会社を経営し、成功を収めているヒロミさん。

では、なぜ彼が起業家として成功して来れたのでしょうか。

それは彼の仕事に関する考え方にヒントが隠されていました。

ヒロミさんは『R25』という雑誌のインタビューの中で自身の考えについて述べています。

『“職場に居る”のか“職場で働いている”のかの違いが大切』

前者は働く“時間”でお金を稼ごうする考え方。後者は働いた“内容”でお金を稼ごうとする考え方。

どちらの考え方が質の高い仕事になるのかは言うまでもまりません。

ヒロミさんは20歳くらいの時からタレントの仕事を始め、仕事は『時間給』ではなく『成果給』であるという考え方になり、ウケを取れずに結果が出せなかった仕事はギャラを受け取ってなかったと話しています。

確かに“仕事”でお金を頂く事の本質は『どれだけ相手の利益を生めるのか』に尽きます。

『時間給』の考え方は自分にベクトルが向いています。一方『成果給』の考え方は相手にベクトルが向いています。どちらが結果を残しやすいのかは少し考えてみれば明らかです。

更に、ヒロミさんは“自己ブランディング”が重要だと話しています。

芸能人には自分のキャラクターを作ってそこを伸ばして勝負していかないといけません。例えば、食いしん坊やおバカキャラとか。

これは芸能人に限った事ではないと、彼は語っています。

一般の仕事に就いている人でも自分をどういう社会人としてプロデュースするのか。個人事業主の考え方を意識する事。サラリーマンでも自分自身を演出してく事が大切な事だと彼は考えています。

そんな考え方が根本にあるからこそ、会社経営という難しい舵も良い方向へと切る事ができていると感じました。

自分を客観視して物事を捉えていく事。

それは生きていく上で、大切な考え方のひとつです。

様々な才能をフルに発揮し成功を収めているヒロミさん。

彼は過去、2度の大きな事故に見舞われています。18歳の頃の自動車での大事故と、26歳の頃の番組の企画での大火傷。

命の危機を身を持って体験してきた彼は、好きなことをして悔いなく生きることの大切さを体現しています。

スポンサードリンク

 

【ヒロミ】タレントと経営者、2つの顔を持つ彼の年収がスゴイ!

出典https://newneta.work/2019/02/02/hiromi-nennsyuu/

当時、数々のTV番組に出演していたヒロミさん。

タレントとして活躍していた頃の年収は、週10本以上のレギューラー番組を抱え、最高月収6000万円、年収は7億円近かったといわれています。

一時期、TVから姿を消していたヒロミさん。現在の年収は果たしてどのくらいなのでしょうか。

現在の彼はタレントとして、また会社経営として活動を続けています。

タレントとしては数々のTV番組に出演し、経営者としても自身が手掛けた加圧トレーニングジムで大きな成功を収めています。

そんな彼の、現在の年収はどれ程のものになるのでしょうか。

芸能界に復帰してからの活躍と、彼が手掛ける事業の収益を考えると、現在のヒロミさんの年収は約3億円と推測されます。

つまり、月収約2500万円

彼は自分のやりたい事をやり、現在もこれ程の収入を得ています。

本当に才能豊かな人物だといえるでしょう。

 

芸能界から引退!?ヒロミが干された理由とは!?

出典https://newneta.work/2019/02/02/hiromi-nennsyuu/

ヒロミさんは約10年間、芸能界活動を休止していました。

その原因となったのは、TV番組「発掘あるある大辞典」での出来事が影響していると噂されています。

その番組で堺正章さんと一緒に共演していたヒロミが、「マチャアキ(堺正章)はぬるい」と発言し、それが堺正章さんの耳に入り激怒。それがキッカケでヒロミは芸能界から干されてたとされていたのです。

しかし、TV番組「チューボーですよ」に出演した彼が、この件を堺正章さんに話したところ、堺正章さんは「俺にそんな力があったら干したい奴は他にいる」と語っており、その疑惑に決着がつきました。

では、何故ヒロミさんは10年間もの期間、芸能界から姿を消していたのでしょうか。

当時、B21スペシャルの人気が高くなるにつれ、レギュラー番組を何本も抱える売れっ子になっていったヒロミさん。

そんな彼に周囲は「もっと大人になれないか」と彼のキャラを変更するように迫ったといいます。若さと勢いで生意気なキャラクターを売ってきたヒロミさんは困惑。

しかし、彼の良き相談相手だった放送作家の吉田晃章さんは「それでいいんだよ」とヒロミさんを支えてくれた。ヒロミさんは、吉田晃章さんの事を「自分を理解してくれる、頼れる親友」と思っていました。

そんな関係を築いていく両者でしたが、2004年吉田晃章さんは白血病を患い帰らぬ人となってしまいます。

ヒロミさんはこれ以降「いなくなった後は、気が抜けちゃったような、これから誰とやるんだ?全く考えられなくなり、自分でもどうしようもなかった」と話しています。

一番大切な人を亡くした彼は芸能界を離れる事となりました。

スポンサードリンク

 

【ヒロミ】今現在の活動と独自の考え方とは!?

出典https://nensyu.site/archives/2703

現在、ヒロミさんはTV番組『ウチのガヤがすみません!』や『火曜サプライズ』などでバラエティ番組では見ない日がないくらいの大活躍を見せています。

芸能活動休止中には「小休止のススメ」という本も執筆した彼。

そんな彼が大切にしている事とは一体何なのでしょうか。

 

【ヒロミ】落ちたことを認識する事が大切!?その真意とは!

ヒロミさんは芸能活動を休止している期間に『1回外されたり落ちたりした時、落ちたという事を認識する事が大事だ』と思ったといいます。そこから這い上がるには、落ちた理由を自分が分かっていないといけません。例えば性格が悪かったとか、キツかったとか。

会社勤めのサラリーマンであっても、どんな世界の仕事であってもその事は変わりません。

また彼は『自分がどこにいるのかを本当に考えないといけない。水面をバシャバシャしてアップアップしてそこにいるのか、またはそのまま沈んでずっと下まで落ちるのか』を考え、自分がいる“位置”を確認することが重要だと考えています。

確かに、下まで行ったらあとは蹴ってまた上がっていけます。

そのような考え方ができれば、再び浮上するまでの時間は短くて済みます。

彼の物事に対しての鋭い視点に、私は感心させられました。

これも、大切な“客観視”のひとつなのです。

 

【ヒロミ】名言集!彼が伝えたかった事とは!?

ヒロミの一言一言に哲学的な意味を感じます。

そんな彼の名言をまとめてみましたので、ご紹介します。

 

勝手なイメージだけど、俺は、遊べるヤツは仕事もできると思ってるんです。それで仕事も楽しいんだよなあ。遊びとは違う楽しさ。“ヤダな”とか思わない

やってダメならその経験はきっと生きるけど、頭のなかでシミュレーションして“ダメそうだな、やめとこ”っていうのはなんの経験にもなんないでしょ? だからそういう人の話はあんまり聞きたくないかな。失敗した人と話すのはいいけど

何でも興味がわいたらとりあえずやっちゃうんですよ

言ったことやったこと起きたこと全部、責任は自分にしかないんだよっていう。だから何があっても受け入れる。それを聞いて育ったからね

普段とまったく別の世界に入ることで、新たな人間関係が生まれる。しかも年齢に関係なく、つきあえる仲間ができるのがすごくいいなと。大人になるそうやって人と出会う機会も少なくなるし、そもそも新しい友達自体が出来にくくなるでしょ。だから遊んだほうが楽しいと思いますね

出典https://meigen.keiziban-jp.com/

ヒロミさんは『遊びと仕事は同じくらい大切』という考え方を持っています。

遊びは遊びでの楽しさ、仕事には仕事の楽しさがあると語っています。

つまり、このような考え方ができれば『何をしていても楽しい』のです。

更に、彼は「興味を持ったことは、とにかくやってみる」の精神で生きています。勿論、自己責任で。

これは、つまり“自分の人生を自分でコントロールしていく事”に繋がります。

自己責任と思えないうちは、自分の人生を生きているとは言えません。

これが出来れば、人生は格段に面白くなります。

大人になって『遊び』“本気”になる人は少ない。

ヒロミさんは遊びを本気でやる事で、結果的に多くの経験をし、人生をより良くしていく事ができるのだと教えてくれているのです。

 

【ヒロミ】仕事に対する考え方とは!?その哲学に迫る!

ヒロミさんは18歳の頃、車で交通事故を起こし、脾臓が破裂して死にかけた経験があります。

その時、彼は「内臓が一個ない。と思ったら、すぐ死ぬんじゃないかと焦った」と話しています。

そのような経験もあり、20代後半で独立して事務所を作ったり、レギューラー番組を何本もやったりと、とにかく仕事に対してがむしゃらに取り組んでいました。

その後“遊び”も大切にするようになったといいます。

ヒロミさんは『日本の男の子の成人は40歳だと思っている』と語っています。

40歳になったら、ちゃんと自分を楽しませる“遊び”ができるようになっていないといけない。自分自身、遊びの中で助けられた事も多いと話しているヒロミさん。

そして、友人関係に関しては『コイツの為なら何でもできる』とお互いにそういうふうに思える人が2,3人いれば充分だと考えています。

最後に彼は『「いつどうなるかわからない」という危機感を常に持つ事が大切だ』といいます。この考えを持っていれば『何があっても「じゃあ次これやるか」って行動すればいいだけ』と話しています。

本当の前向きな思考とは、いつも無理やりポジティブになる事ではなく、いつも最悪の事態を想定し、その上で常に次の手を考えておくことだと私は理解しました。

ヒロミさんの思考は、いつも本質をついています。

その論理的思考を学び、日々の生活に活かしていけたら素晴らしいと思います。

 

まとめ

今回は、タレントで実業家でもある【ヒロミ】に焦点を当ててお話させて頂きました。

彼は自身の経験から、『仕事とは成果に対して支払われる対価である』という信念の元、行動し続けてきました。

そんな彼だからこそ、物事の本質を見抜き、自分を客観視し、成功に結び付けられて来れたのでしょう。

ヒロミさんの行動原理から、私達が何をすべきかが見えてきます。

仕事は相手の為に、人生は自分の為にという至極当たり前な考え方を改めて教えてくれた彼に、私は感謝せざるを得ません。

スポンサードリンク

-芸能人起業家
-, , ,

Copyright© BreaktimeNews! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.